もう50代にもかかわらず、3日間放出しないと下半身が重たくなるというか、なんか気持ちが悪い。若いときは毎日そんな感じだったのが、さすがこの歳になれば少しはおとなしくなって3日で重たくなるというぐらいまでは穏やかになりました。ただ同じ年の妻は「もうあなたに付き合っていられない」と寝室を別にしてしまったので、今は専ら風俗のお世話になっています。

さすがにAVを見て自分で抜くというのは、小っ恥ずかしくなっています。自分でというのはめんどくさくなるものです。それよりもインスタントな感じで一向構わないので、女性に抜いてもらった方が満足感が違います。ヘルスを使っていましたが、さすがに3日に1回となれば結構な金額になってしまします。

そこまでの小遣い銭は貰っていませんから、倹約の上、節約もしなくてはなりません。ヘルスには早朝サービスがあり、かなり安いのです。それをよく利用しています。また同じく早朝サービスがあるピンサロも使います。ピンサロは性風俗じゃないのでシャワーなんかは完備されていません。

ちょちょっと下半身を出して、女性にサービスしてもらいます。シャワーがないということは女性もマメにキレイにできないということなので、さすがに舐める勇気はありません。多分おしぼりなどでキレイにしているのだろうとは思いますよ!でも女性のあそこは割と汚れやすいので、自分は苦手なんですよ。

シャワーがってベッドがあってというところならいいのですが、ピンサロではしません。多分、する人はしているんじゃないですかね。感じ方には個人差があると思います。ただそういうインスタントなことをしていると、時々は女性ときちんと接触したくなりますから、1ヶ月の1回はソープやデリヘルのような風俗を使っています。

やっぱり本番に勝るものはありませんし、本番が出来ないまでもお互いが密着できるような感じがいいですよね。そういう風俗だと、1週間近くはムラっとしてこない気がします。満足感が長持ちするというか、根こそぎ出した気になるというか、やっぱりセックスとかセックスまがいの行為をすると、心底気持ちがいいんでしょう。

店舗型のヘルスでもそういう快感は得られるはずなのですが、ちょっとシステマティックな感じがして、雰囲気はソープやデリヘルと違うんですよね。テクニックや接客を楽しみたいならソープ、素人っぽさを楽しみたいならデリヘル、通常はヘルスかピンサロという使い分けにしています。